『あなたの右うで』 50歳〜60歳の転職・再就職を成功に導くブログ

年間200人以上の採用面接を行った実績から、50歳以上の転職・再就職を成功に導く専門家。『あなたの右うで』

【55才でGO!GO!】瞑想中に「迷走」​しないために

こんにちは。
あなたの「右うで」(になりたいな~と思ってる)あだちです。

当年55歳でGO!GO!と突き進んでおります。

S.I.Yのエクササイズを参考に「瞑想」にチャレンジしして
 いますが、瞑想に入る為の準備として、次のような「姿勢」が紹介
されています。
 (隙をなくし、リラックスするの最適な姿勢との事です)

1.「矢のように」背筋をまっすぐ伸ばす
2.「蓮華座」い足を組む
3.肩の力を抜き、「ハゲワシ」のように、高く、引き気味にする
4.あごは、「鉄のフック」のように心もち引く
5.目は閉じる。あるいは、虚空を見つめる
6.下は口蓋につける
7.口をわずかに開き、歯は噛みしめない

最初は少し違和感がありますが、毎日繰り返しているなんとなく
自然にでき、リラックスできるようになりますよね。

この姿勢ができたら、あとは呼吸に意識を向け、
あとは、「命がかかっているかのように呼吸する」だけなのですが
次に乗り越えなければならないのが

「瞑想中の迷走」

なのです。
なんだか意味不明に思われるかもしれませんが、一度試しに
瞑想をやってみてください。

いかがでしょうか。

 呼吸に意識を向けていても、頭の中に次から次へと色々な考えが
浮かんできませんか?

そう、この「考え」というやつが「迷走」を引き起こしてします
怪物なのです。

 過去の後悔、未来の心配事、今日のお昼ご飯や仕事の課題などなど、
 次々と頭の中に浮かんできますよね。
せっかく呼吸に意識を向けていたのに、浮かんでくる考え「意識」
 うばわれて、意識があっちこっちへ迷走してしまうのです。

そして、「いかんいかん、集中、集中」と意識すればするほど、大切な
呼吸から意識は遠ざかってしまいます。

この「迷走」への対処法のステップが以下の通り紹介されています。

 1.      認める
2.      評価や判断も反応もせずに経験する
3.      反応する必要があっても、マインドフルネスは保ち続ける
*「マインドフルネスとは、意図的に今この瞬間(呼吸)に意識を
   向けることですね
4.      放してやる

 このステップをみて、私はふと「どこかで聞いたことのあるフレーズだなー」
と感じました。
 「これはU理論において、Uの谷を下っていくときのプロセスでは?」
と思ったのです。

U理論の本のご紹介は別の機会にさせて頂きますが、U理論では以下の
7つのプロセスが定義されていて、1→2→3→4の順で「U」の底辺に
到達し、出現する未来を迎え入れるというものです。
 「出現する未来」、まさに「自分の使命」、「これから向かうべき方向」に出会う
 わけなのですが、瞑想によって自分自身の中に起こることというのは、この
Uプロセスと1→2→3→4」の底で出会う「出現する未来」なのかも
知れませんね。

1、ダウンローディング(Downloading):過去の経験によって培われた枠組みを再現
2、観る(Seeing):判断を保留し、現実を新鮮な眼で観る
3、感じ取る(Sensing):場から感じ取る
4、プレゼンシング(Presensing):源(ソース)につながる
5、結晶化(Crystalyzing):ビジョンや意図を明確化する
6、プロトタイピング(Prototyping):実行、実験によって未来を探索する
7、実践(Performing):新しいやり方、仕組み、習慣として実体化する

「出現する未来」、まさに「自分の使命」、「これから向かうべき方向」に出会う
 ことのできる瞑想。

なんだか、ワクワクしますよね。
あなたも体験してみてはいかがですか?

 ■発行人
 ザ・コヒーレント(coherent) 代表:足立 和明
 *共感・支えあい、思いやりのある『コヒーレントな社会』(
Coherent Society)
  を目指しています。