『あなたの右うで』 50歳〜60歳の転職・再就職を成功に導くブログ

年間200人以上の採用面接を行った実績から、50歳以上の転職・再就職を成功に導く専門家。『あなたの右うで』

【55才でGO!GO!】思いやりのあるリ​ーダーシップ

こんにちは。
あなたの「右うで」(になりたいな~と思ってる)あだちです。

当年55歳でGO!GO!と突き進んでおります。

さて、日々S.I.Y(瞑想)にチャレンジしております。

「Serch Inside Yourself」を片手に、まずは簡単なところから。
私の場合は、まずもっとも基本的なエクササイズ(P82)の
「マインドフルネス瞑想」を、だいたい毎朝5程度いやってます。

今のところ主だった変化は感じられないのですが、とりえあえず
継続中です。
もう一つ試しているのが、「歩く瞑想」エクササイズ(P97)です。
やはり、朝はドタバタと会社へ出ていかなければなりませんので
「歩く瞑想」というのは、とてもありがたいですね。
自分で気付いたら、歩く動作を意識しながら、「動いている、動いている」、
「手を振っている」などとつぶやいています。
周りに気付かれないように注意していますが(^^)

そしてもう一つ。
「歩く瞑想」を応用して「通勤電車瞑想」なるものを試してみています。
朝の電車の中は比較的静かですので、立ったまま目をつむり、リラックスした
体型を保持して、「呼吸」に意識をあわせます。
あとは、「マインドフルネス瞑想」の要領で・・・・

私の通勤時間は、徒歩15分、電車30分程度の時間がありますので、その時間
を「瞑想」に使えるのはとてもありがたいです。
あなたも、この「通勤サラリーマンの特典」を試してみて下さい。

さてこの本、後半に「思いやりのあるリーダシップ」というページが出現します。
世界で一番幸せな人と言われる「マウチ・リカール」について調べたところ、
「思いやりは極端に幸せな状態」であるというデータが示されたとのこと。

一番幸せな状態は、思いやりをもってしか達成できないのです。

思いやりとは、
「他者の苦しみに対する気遣いの感覚と、その苦しみが取り除かれるように
したいという強い願望とを伴う心の状態である」
と定義されます。
これはビジネスにおける「リーダーシップ」にも効果的に働くもので
「思いやりのあるリーダーシップこそが最も効果的なリーダシップである」
と言われています。
リーダーが行う思いやりの実践とは、「自己から他社」、「私から私達」への
移行と言えます。

なんだか少々難しい話のようですが、要は、リーダーシップを発揮するには
思いやりを持つことが効果的であり、且つ思いやりを持つことにより
自分も幸せになる事ができるということのようです。

なんとも素晴らしい展開ですね。

実は、このことが実際に実践され、「従業員からの支持率100%、業績成長率
40%」という企業を率いるCEOがいるのです。
それは、LinkedInのジェフ・ウェイナーで、その概要は以下のURLの記事
にて確認頂けます。

この対談で言われている事は、概ね次のような内容です。

「企業に勤める個人は、企業のために働くのではなく自己成長及びその
上位にあるシステム(社会)に対する自分の志を達成するために、『企業
というプラットフォーム』を活用する。
プラットフォームとなりうる企業がなければ、個人の志の達成は難しいため、
個人の企業への関わり(エンゲージメント)はより深くなる。
この時企業は、『収益によりドライブされるサブシステム』から
『志によりドライブされるサブシステム』となり、一人一人の
モチベーションとエンゲージメントが最大化される。このことが、
結果的にビジネスの成果へと繋がるのである。
これのようなシステムを築き、循環させる為にリーダーに必要なのは、
『コンパッション』(思いやり)である」

ん~、まったくその通りだな~。

あなたの会社はどんな状況ですか?
そして、あなたはどんなリーダーシップを発揮されていますか?

このメルマガでは、あなた独自の思いやりのあるリーダーシップが
発揮できるよう、「あなたの右うで」となって様々な情報をお届けします。

<本日のナポレオンヒルの名言>
目標も計画もなしに成功はありえない。
⇒思い通りの人生を送りたいと望むのであれば、明確な目標と
その達成の為の具体的な計画を立てるところから始めなければならない

 ■発行人
 ザ・コヒーレント(coherent) 代表:足立 和明
 *共感・支えあい、思いやりのある『コヒーレントな社会』(Coherent Society)
  を目指しています。