『あなたの右うで』 50歳〜60歳の転職・再就職を成功に導くブログ

年間200人以上の採用面接を行った実績から、50歳以上の転職・再就職を成功に導く専門家。『あなたの右うで』

「ビズリーチ!」  採用者が探しやすい自分表現の方法とは

こんにちは。


あなたの『右うで』、あだちです。

あなたにより添い、明るい未来を出現させます。

 

様々な色合いで鮮やかに咲き誇って

いた紫陽花も、今では茶色く枯れ果て

少し無残な気もしますが、そんなことは

ない。

それは、活力溢れる『夏』の訪れを

予感がするさせるサインでもあるん

ですよね。

何とも自然の営みは素晴らしい(^^)

 


今日は、あなたの転職活動の『右うで』

として、採用者に探されやすい自分

の表現方法についてお伝えします。

 

乱立する転職サイトに、どのような

情報を登録すると効果的なのか?

 

表題の『ビズリーチ!』

最近CMで見る機会が多いですよね。

それほど有名な役者が出ているわけ

でもないのですが、女性が人差し指を

立ててわ『ビズリーチ!』と言う姿と

フレーズが妙にまぶたと耳に残って

います。

まあ、それがCMの効果・戦略なので

しょうが、純粋な私はまんまとそこに

はまってしまってうるわけです。(^^)

 

実は、私の勤める会社でもこの

ビズリーチを使っているのですが、

これがまた良くできたシステム&

データベースなのです。

 

例えば、業種、職種、専門分野、

年代、などなど様々なキーワードで

検索し、適切な候補者にスカウト

メールを送って、面接し、、、

多くの候補者とステータスを一括

管理できるというもの。

 

定期的にCMを放送しているよう

なのですが、テレビ放送した場合

には、データベース登録者が増える

ようで、我々利用者も新しい候補者

に出会うことができます。

 

ビズリーチを使ってみて感じている

ことは2点。

 


一つは、60歳を過ぎた登録者が

非常に多いということ。

もう一つは、表面的な検索キーワード

だけでな、なかなか求める人材には

出会えなという事。

 

『60歳を過ぎた登録者』

この1年間で200人以上の方と面談

しましたが、誰もが話すことは、

・一度退職したものの、まだまだ健康

で家でじっとしているわけにはいかない

・自分の経験を活かして社会に貢献

したい

・仕事を通して社会と繋がっていたい

 

というものでした。

中には輝かしい経歴をお持ちの技術者

や経営者なども居て、優れた人材が

埋もれているもんだなと感じています。

 

『求める人材を探すには』

データベースはあるものの、採用者と

応募者が出会うタイミングやマッチング

の難しさもあります。

わたしの場合は、もう直ぐ定年という

59歳の登録者や、リタイヤしている方

などを条件に検索したりしますが、情報が

古いケースがあり、不幸にも巡り会えない

事があるのではないかと考えています。

 

意外と情報を更新していない方が

多いようです。

 

もう一つは、『希望年収』ですが、

1500万以上、2000万以上と、意外と

高額な設定をされている方が多いように

思います。

本当にに高額年収を考えていたり、単なる

情報収集ならいいのですが、真剣に

転職を考えているのであれば、適切な

数値を設定した方が、採用する側の

好感度は上がります。

 

それから、もう一つ大切な事。

候補者を検索してしていて感じるの

ですが、なかなか求めるスキルや

タイプの人材に巡り会えないなー、

ということ。

 

この理由と一つは、採用側の考える

検索キーワードと、応募者の登録する

情報のキーワードが合致しないという

こと。

 

ですから、登録する職種、業種や

スキル、経歴、資格といった情報の中

に、いかに検索する側のキーワード

を散りばめるかが重要なとなります。

 

これも、コピーライティングと同様

に、いかに読む側の立場になって

書くか、ですね。

 

実際に応募者の方にお会いして

面談してみると、思いもよらない

スキルや経験をお持ちの場合も多い

です。

 

何故このすスキルや経験を登録

しないのですかとお聞きすると、

『この程度のスキルや経験は、

アピールに値しないと思ってました』

といったことが多く、もったいない

話なのです。

 

採用側は、色々な情報を知りたい

と考えていますので、できるだけ

細かく、色々なキーワードでご自身

のスキルや経験を表現すると、スカウト

される機会もふえると思います。

 

転職ビジネス花盛り、百花繚乱の転職

サイトですが、惑わさせることなく、

良い出会いを求めるには、いかに自分

を表現するかがポイントです。

 

転職サイトにおける効果的な自分表現

の方法について興味のある方はご連絡

ください

 

■発行人
ザ・コヒーレント(coherent) 
代表:足立 和明
*共感・支えあい、思いやりのある
『コヒーレントな社会』(Coherent Society)
を目指しています。