『あなたの右うで』 50歳〜60歳の転職・再就職を成功に導くブログ

年間200人以上の採用面接を行った実績から、50歳以上の転職・再就職を成功に導く専門家。『あなたの右うで』

現代の『金の卵』

おはようござい。
 
あかたの右うで、あだちです。
 
あなたは、『金の卵』というのをご存じですか?

「金の卵」、高度経済成長期の人手不足の時代に、地方の中卒、高卒の新卒の若者をこう呼びました。昭和39年の流行語です。 

それは、『有望な若い人材』だったのです。
 
そんな時代も50年も前の事。
今や、定常経済、少子高齢で、就労人口のの数や質も大きく変わってきています。
 
 最新の調査レポートによると、2010年には1.28億人だった日本の人口は、2030年には1.16億人へと減少し、年齢別の人口構成も、いわゆる三角形型から釣鐘型となり、そして逆転三角形方へと向かっています。
20台の若者や働き盛りである30歳代~40歳代の人口が減少し、50歳代~70歳代のの人口が増えるわけですが、これは生産年齢人口の減少に直結し、GDPまでもが低下する可能がたかいのだそうです。
 
そしてもう一つ見逃せない問題。
 
それは、、、、、
 
直視するのも恐ろしい、、、、そう、あの問題
 
年金問題なのです。
 
2010年には生産労働人口約2.8人で高齢者一人を扶養していた計算になるのですが、なんと2030年には約1.8人で高齢者一人を扶養しなくてはならなくなるのです。
 
おのずと年金支給開始時期も引き上げられ、額も削減され、増税もされるんでしょうね。
そしてその予兆はすでに表れ始めているのです。
 
こんな状況ですから、55歳~シニア世代は悠々リタイヤなんて考えられませんよね。
なにしろ自力で生きていかなければなりません。
 
と言いますか、50歳代~70歳代の私やあなたが、まだまだ主役なのです。
企業は定年だの再雇用だのといって、50代後半のサラリーマンを厄介者のように扱いますが、社会全体にとってみれば、まだまだ私やあなたが活躍しなければならず、且つ活躍の場があるのです。
 
現に私の勤務している会社の、社員数は200名を超え、その平均年齢は57歳です。
そして、先日は何と67歳の方が新入社員として入社してきました。
 
そんな会社で私は、BizReachを使って人材採用を担当しているのですが、私が
注目してスカウトしているのは、
 
・55歳を過ぎた頃のベテラン技術者
・59歳という定年前の技術者
・62歳~64歳頃の再雇用中の技術者
 
なのです。
 
しかも、そんな方々が入社され、元気に活躍されているのです。
 
では、そんな中高年の転職事情、私の勤める会社と採用戦略と実態については、おいおいお話ししていきたいと思います。
 
詳しくは以下のメルマガにてご案内します
        ↓
「第三の資産:自分自身のビジネスモデル」を創る
メルマガ登録はこちら
https://brutality-ex.jp/fx41621/SG9nfk

 

■発行人
ザ・コヒーレント(coherent) 
代表:足立 和明
*共感・支えあい、思いやりのある
『コヒーレントな社会』(Coherent Society)
を目指しています。